MENU

脇を施術する際の注意点は?

お隣脱毛をするほうが治療前に知っておきたいファクターといった、
お隣脱毛後に気を付けたいファクターとがありますので参考にご覧ください。

お隣脱毛をする前のファクターとして予め言えるのは、薬を服用していたりリカーを摂取していてはケアを受けられない可能性があるということです。

お隣脱毛をする前の週間から10日くらいに警護接種にあたっていた場合も同様です。

お隣脱毛は冬に受けておくほうが多い思いますので、
インフルなどの警護接種を受ける人もいるかと思いますが、年月が経っていないとお隣脱毛の治療が受けられないかもしれないということになります。

現に治療を受ける脱毛店頭からも注記が浴びると思いますが、
お隣脱毛前のファクターとして認識しておくといったよいでしょう。

あまり、お隣脱毛前のファクターとして制汗剤などを使わないことです。
これは、脱毛店頭において治療前に附けるジェルなどをはじいてしまうためだ。
これも事前に注記があると思いますので注意しましょう。


お隣脱毛後にも気を付けたいファクターがあります。

治療をしたばかりのお隣は気迫を帯びて炎症を起こしやすくなっている結果、
店頭では静かローションやアイシングジェルなどで冷やしてもらえるが、
自宅でも刺々しい手拭いなどで冷まし、清潔に保つように注意しましょう。